占いについて私が考える利用法

自己紹介占い, 占星術

占いって昔からあります。

亀甲で ひびの入り方でみる、とか
卑弥呼の時代とかありましたね。

コイントスとかもそうです。

昔 政(まつりごと)と
祀り(まつり)ごと
「まつりごと」って
おなじ書き方です。

政治と 神様とか 目に見えないものに対して
敬意をはらうことは
同じところにありました。

今、私は、占い師としては

商業的というか、
日常的というか
普通な感じでもありますが、

みなさんが迷ったときに
・確認
・確かめる
・不安
・いちおう
・聞きたい

そういうものを聞きたいなというときに
使ってほしいツールです。

もっともっと自分も伸びたいと思っています。

本当に本当に、困ったときに行く!! という
歯医者や名医のように、
私も伸びますので。
今は京都で鑑定しています。

ただ
不安 確認 という占いで
未来をあてます! というと
少しそれはちがいます。

未来はあくまでお客様、あなたが決めます。
?? ですかもしれないので、例です。

どれだけ
「あなたは明日コンビニに行かれるとよいです!」といっても
あなたがコンビニに行かないことは選べます。

もちろん、コンビニにいくと
こうなりやすいですよ、っていうことで
あなたもコンビニに行きたくなる可能性はあるとしても
それでも行けない・行かないことも選べます。

また、コンビニに行かなくても同じ結果を得る事はできるでしょう。

A地点を通らないとB地点にたどり着けない
こともあるし
A地点を通らなくてもB地点にたどり着く
ということも
あるのです。

だからあくまで選択はあなたです。

でも
コンビニが 婚活とか
転職とか
そういう言葉におきかわるかもしれないし

単に「変化」という言葉になる
だけかもしれないけど
それでも
天気予報みたいに 経験と流れは
お伝えできます。

そんな鑑定を受けたい方は メールアドレスまた書きます。

自己紹介占い, 占星術

Posted by 紗智。