1961年1月 天体の様子

1960年代1961

こんにちは。
歴史の流れをみてます。

星はみえるけど、すべてを象徴してるけど
そして同時に
起こったことを残していないと
どんなことが起こったのか
分からないこともありますね。

  • 水星 やぎ→みずがめ
  • 金星 みずがめ→うお
  • 火星 逆行かに9→1
  • 木星 やぎ15→21
  • 土星 やぎ20→24
  • 天王星 逆行しし26→25
  • 海王星 さそり11→12
  • 冥王星 逆行乙女9→8
  • ドラゴンヘッド おとめ8くらい
  • キロン うお1くらい

数字はサビアン度数に合わせてます(例13.2度→14と表示)

1961年1月です。

太陽はやぎ座とみずがめ座に来ます。

おとめ座にて冥王星とドラゴンヘッドが
重なっています。
人の為に一生懸命生きる事が
この時期大事だったかと思います。

木星と土星も山羊座で近づいています。
(2019年もそうだね~)

山羊座、さそり座、おとめ座、かに座、
それぞれ天体が入り、
社会へのこれからの夢、ビジョンが
形になるようなタイミングでした。

やぎ座には、太陽、水星、木星、土星が1/8くらいは
重なっており、
なにか決定する事がありそう。
金星はうお座に入ります。
そうするとおとめ座の冥王星と180度。
変化して、そして何もかも受け入れていく姿勢があります。

かに座の火星が長く逆行しています。

家族間での争い、家庭親戚の中の使命が、
うお座のキロンとも結びつき、
自分を守る、ということにもつながりそうです。

太陽は1/20にやぎから水がめへ行きます。
そうすると、少し山羊座大集合の時期からすると
世間からの反発みたいなのもあります。
まあそういうものです。
1/24太陽火星の150度を迎え、次に
太陽冥王星の150度を迎えます。

金星だけみずがめからうお座へ向かっていきます。
1/22頃、金星と木星、土星の60度は、
社会の中で慈善福祉などに
空気が向かいそうです。

ウィキペディアより
1月
1月15日 – 横浜マリンタワー開業。
1月17日 – ドワイト・D・アイゼンハワーアメリカ合衆国大統領が退任演説の中で軍産複合体が国家におよぼす影響力について警告。
1月17日 – カタンガ国内に連行されたコンゴ共和国(コンゴ・レオポルドヴィル)の前首相パトリス・ルムンバが処刑される[1]。
1月20日 – アメリカ合衆国大統領に、ジョン・F・ケネディ就任。
1月22日 – サンタマリア号乗っ取り事件。
1月24日 – 1961年ゴールズボロ空軍機事故。
1月30日 – 「ゲゲゲの鬼太郎」で知られる漫画家の水木しげる(本名・武良茂)と飯塚布枝が結婚

1960年代1961

Posted by 紗智。