1960年12月 天体の様子

1960年代1960

こんにちは。
歴史の流れって大事です。
しかし、同じ天体のもと、
ウィキペディアの出来事があるけれど、
載ってない出来事もある。
どの事柄がより大事に取り上げられるのか、とか
この中にも、こういう傾向が強く出ない事とかも
あるよね、と思います。

ある意味、歴史をみて星をより理解しようと思っていましたが、
星の深い読みもいくらでもできると思います。
見えない出来事もたくさんあり、
そこに星の象徴もたくさんあると思います。

  • 水星 さそり→いて→やぎ
  • 金星 やぎ→みずがめ
  • 火星 逆行かに18→9
  • 木星 やぎ7→14
  • 土星 やぎ17→20
  • 天王星 しし26→12/2逆行→26
  • 海王星 さそり10→11
  • 冥王星 乙女9→逆行12/10
  • ドラゴンヘッド おとめ12くらい
  • キロン みずがめ29

数字はサビアン度数に合わせてます(例13.2度→14と表示)

1960年12月は、
太陽はいて座とやぎ座に来ます。

ちょっと11月後半の流れが
よめてなかった・・・
11月後半からじわじわ、太陽は射手座にはいっているので、
そこでおとめ座冥王星からの
「しっかりしなよ」改革を迫られそうです。
太陽天王星の90度のあと、
すぐに太陽冥王星の90度があり、
流れはけっこう大変そうです。

社会的にはもう用意ができているんです。
木星と冥王星の土サインの120度は
安定して、社会の世の中がととのえられているのを
見ているから、
人が、個人が変わり切れていないところを
変化! です。

ドラゴンヘッドと冥王星が今近いので、
天命が人への奉仕につながったりも
しそうです。

12/20は社会の成熟がピークとしてきそうです。
火星と土星が180度です。
そのうち火星と木星が180度になります。
クリスマスくらいですね。
人と人との心の結びつきがいいということ、
そしてそれを積み上げていく様子があります。
正六角形に少したりない角度ですが
世の中がとてもスムーズに進みます。

年末は楽しそう、安心の年末。
金星と天王星が180度で、
芸能人ネタもたのしそうです、
もしくはお金離れもすすみそうです・・。

ウィキペディアより
12月
12月 – 石川島重工業と播磨造船所が合併し、石川島播磨重工業(現:IHI)が発足。
12月2日 – 俳優の石原裕次郎と女優の北原三枝が結婚。
12月4日 – 都営1号線 押上駅 – 浅草橋駅間が開業、京成電鉄と相互乗り入れを開始(日本初の地下鉄と郊外電車の相互乗り入れ)。
12月5日 – 第37特別国会召集(12月22日閉会)。
12月12日 – 日米コカ・コーラボトリング(当時の社名:日米飲料。後の北九州コカ・コーラボトリング→〈旧〉コカ・コーラウエスト→コカ・コーラボトラーズジャパン)設立。
12月16日 – 1960年ニューヨーク空中衝突事故発生。
12月20日 – 南ベトナム解放民族戦線結成。
12月26日 – 第38国会召集(1961年6月8日閉会)。
12月27日 – 池田首相、所得倍増計画を発表。

1960年代1960

Posted by 紗智。