1942年3月21日 春分の日

1940年代1942, 春分

京都で鑑定してます、たにさちです。

1942年3月21日 春分の日

太陽8ハウス
月は9ハウス MCに近い
土星は天王星と合でほぼMCに合

 

星の配置

不動サインと柔軟サインが5つ、4つ
頑固な部分と合わせる部分が多いです。
水星と海王星がミューチュアル
金星と天王星がミューチュアル

天王星がみずがめ座に入っているのは一時的でも
春分の日なので1年に何かしら影響があるはず。
機会の発達がおおそうな時期です。
風サインで木星とアスペクトとっているので
通信機器などに発達が進みそうです。

星のいろいろな解説

10ハウスに天体が集中しています。
太陽は8ハウス、受け継ぐもの、何か引き受ける遺産などを意味する場所にあります。

2ハウスのおとめ座海王星からの180度があり、
何か自分の持つものは危ういもの
今実体のないものを手にしているのではないか、と。

 

しかしそれでも10ハウスのこの4天体
社会で役立つ天体ばかりですよ。。。
何か得るもの、受け取るものから大きな転換する力を感じます。

サビアン

1942/03/21 15:10 (UTC+09:00)
太陽 牡羊 [1] 海から上がったばかりの女性をアザラシが抱いている
月 牡牛 [20] 空を横切る翼のような雲の束
水星 魚 [6] 正装した軍隊の将校たちの行進
金星 水瓶 [17] 番犬が自分の主人とその持ち物を守り、見張っている
火星 双子 [9] 矢の入った矢筒
木星 双子 [15] 二人のオランダ人の子供が
自分たちの知識に興奮しながら、お互いに話し合っている
土星 牡牛 [25] 広い公共の公園
天王星 牡牛 [28] 「人生の変化」を経た女性が
新しい愛を体験する
海王星 乙女 [29] オカルトの知識を求める者が
自分の心を啓発する古代の巻物を読む
冥王星 獅子 [4] 正装した年取った男が、
自分の狩りの遠征から持ち帰った戦利品のそばに立っている

1940年代1942, 春分

Posted by 紗智。