1931年04月 天体の様子

1930年代

こんにちは。 星をつかって人生をゆたかに生きる! たにさちです。

 

 

1931年04月18日 9:59日蝕

太陽と月、

おひつじ座の28度 予想が裏切られて演奏に失望する観衆

 

何か社会的な情勢で仕方なく失敗、みたいなことが多いようです。

能力以上のものを期待されていて、失敗している。

 

しかし、10ハウスにこれだけ天体があつまっていて、

それで失敗と言われても・・という状態ですね。。。

アセンダントは冥王星と木星にはさまれて、すごく強硬な

つよい態度に出そうです。

反対に7ハウスに山羊座の土星があり、自分は偉そう、相手も偉そう、

という様子で、さらに相手側のほうが常識を理解してそうです。

 

しし座の火星、おとめ座の海王星はノーアスペクト。

いけいけな火星、自分に自信がある。

海王星は通信的、学びが少しあやふやになりそうです。

牡羊座の天王星は、冥王星との90度があり、
日本は大きく変わる様子があります。

 

4月

4月1日
中央本線新宿 – 甲府間電化完成
重要産業統制法公布
4月6日 – NHKラジオ第2放送が開局。
4月14日 – 第2次若槻内閣成立
4月14日 – スペイン国王アルフォンソ13世が亡命し、スペイン第二共和政成立。
4月18日 – 直良信夫が明石市で化石人骨を発見(明石原人)
4月25日 – 東京音楽学校に作曲科設置
「オール讀物」(文藝春秋)が創刊。

このサイトでは、ウィキペディアから歴史の事などお借りしています。

 

1930年代

Posted by 紗智。